脱毛は女性のマナー

欧米やアフリカに海外旅行をしたことがある方は、ワキや脛などのムダ毛を処理していない女性を見かけたことがあるのではないでしょうか。日本人女性の美容に対する感覚からビックリされる方も多いようです。では、なぜこんなにも日本人女性の間で脱毛が盛んなのでしょうか。
まず、体毛への意識の違いが脱毛への関心度の違いに繋がっていると言えるでしょう。日本人の場合は、体毛が外国人よりも比較的少ない一方で、体毛が黒いために肌との色の違いがはっきりとして目立つことから、体毛を処理したいと考える人が多いようです。着物のように肌の露出が少ない服装の文化があった日本人が、現代になって肌の露出度の高い服装を好むようになったために、体毛はファッションや美容を妨げる存在として認識し始められてきたということでしょう。
これに対して、海外女性の場合は肌の色と体毛の色の違いがあまりない人が多いそうです。ファッションや美容に必要な脱毛という感覚は薄く、アンダーヘアなど衛生面で処理することが望ましい体毛を脱毛する習慣や文化が発達したということです。
クリニックやサロンが扱う医療機器としての脱毛マシンの開発先進国はアメリカやフランスですが、日本では一般女性が日常的に脱毛をしている環境があるのが特徴でしょう。一般の女性が家庭でも安全に使用できる国産の脱毛器開発も盛んになってきています。それだけ、脱毛が女性のマナーとして認識されているということです。



美容家電の中では高額なものの部類に入る脱毛器では、予算に合った価格の脱毛器を選ぶことも重要です。特に、本体とは別に照射回数の決まっているカートリッジを継続して購入しなければならないタイプの脱毛器では、思っていた予算よりも大きく費用がかかってしまったために使用を断念してしまうケースもあるようです。
脱毛をするためには、個人個人の毛周期に合わせて段階的に体毛のタネとなる細胞を破壊し、生えてくる毛の量を少なくしていくことが必要です。一度の脱毛で「毛が無くなって綺麗になった!」と思っても、体毛としてまだ成長していないタネの組織までも完全に破壊することは難しいのです。タネが体毛として皮膚の上から見える状態になるまでには長い時間がかかりますので、ある程度の間隔を空けて複数回処理しなければいけません。
また、肌の状態によっては使用を控えたほうが良いこともあるので、自分が考えているスケジュール通りに脱毛ができない場合があることも頭に入れておきましょう。
つまり、購入時に本体の価格だけを比較して選ぶことには多少のリスクがあるということです。脱毛器は継続して使用することを前提に、半年間、一年間でどれくらいのトータルコストがかかるのかを事前に比較し、自分の予算に見合う脱毛器を選ぶことが大事でしょう。
また、安価だからと言ってオークションなどで出回っている中古品を購入するのは避けたほうがベターです。衛生面にも不安があり、故障など万が一のサポート面でも十分な保証を受けられない可能性が高いからです。

New Photo


脱毛部位 顔

脱毛部位 首

脱毛部位 胸・腕・おなか

脱毛部位 背中

サイトコンテンツ